GLOでピカ子流ワンマイルメーク

ちょっとだけ外に出て人に会う時、ばっちりメイクもしんどいなぁという気持ちになります。そこで、テレビでピカ子さんが若返りメイクとして紹介していた手法をGloで再現してみました。モイストハイドレーションミストを2~3回お顔にふきつけ、乾く寸前にパーフェクティングパウダーをつけます。するとお肌にぴったりとフィットし、薄いベールをまとったような感じで毛穴が目立たなくなりました。ダスト24Kでハイライトを入れれば、あとはポイントメークだけで十分です。軽い仕上がりなので、マイナートラブルでお肌を休ませたい時にもお勧めです。

続きを読む

日焼け止め、まだ手で塗っているの?

沖縄は内地より一足先に春が来ました。太陽にも力強さが感じられる今日この頃。日焼け止めが欠かせない沖縄の方にこそ、日焼け止めの品質と塗り方にはこだわってほしい。紫外線から肌を守る為の日焼け止めですが、毎日の塗布はお肌に負担をかけてしまいます。私はトリロジーのエイジプルーフ・デイリーディフェンス・モイスチャライザーSPF15を愛用。そしてこれをGLOのファンデーション・ブラシで塗布するのがポイントです!小豆粒1つ分でお顔全体に十分行きわたり、塗りムラのない仕上がり。デイリーディフェンス・モイスチャライザーはテクスチャーが固めなので、ブラシが空滑りすることがありません。日焼け止め、まだ手で塗っているの?すぐにおやめなさいっ!

ブラシマッサージのススメ

Gloリキッドファンデーションブラシの新しい使い方のご提案です。トリロジーのウルトラハイドレーティングクリーム適量をなじませ、フェイスマッサージをしましょう。手と違って無理な力がかからないので、初心者さんでも安心です。ウルトラハイドレーティングクリームのやや固めの質感とブラシの繊細な毛先の相性がばっちりなんです。リンパ流を促進し、クリームの力で乾燥しがちな肌をしっとりと潤すディープケア。冬場は週1回程度行うことをお勧めします。ファンデーションブラシお買い上げのお客様にはブラシマッサージの仕方もお教えします♪リキッドファンデーションブラシとハイドレーティングクリームで疲れ知らずの肌になろう。

お化粧直しにはパーフェクティングパウダーとハイドレーションミスト


続きを読む

グローダスト24Kにはテクスチャーブラシ!

グローダスト24Kをお使いになる時はテクスチャーブラシがお勧めです。黒ヤギとタクロン(リキッドファンデーションブラシと同じ、コシがありながらも肌あたりの良い素材)の二種類の毛が異なる長さで束ねられており、隙間が多く、絶妙なニュアンスを表現してくれるのです。扇型で筆先が平らなので、指でつぶして頂くと細かい部分も肌にフィットします。ファンデーションの仕上げや化粧直しに用いるグローパーフェクティングパウダーにもお使い頂けます。お手持ちのチークを塗る際にも、チーク付属の小さなブラシではなく、テクスチャーブラシで塗ってみてください。ほんのり塗れて、メイクに柔らかな風合が生まれますよ♪

グローダスト24k:遊び心満載のハイライト

gloの一番人気は化粧下地フェースプライマーですが、私の一押しは遊び心満載のハイライト=グローダスト24Kゴールドです。見ての通り、金色に光り輝く微粒子パウダー。主成分はマイカ(雲母)です。つけすぎには要注意。内蓋にシールが貼ってあるのですが、穴3列分位だけはがすようにしてください。そこから蓋にごく少量とり、Tゾーンや頬の上にブラシを何度か往復させると、いきいきとした健康的な艶感が出ます。デコルテや髪につけたり、リップグロスに混ぜて使うこともできる優れもの。持っているだけでも女の子のテンションがUPしちゃう化粧品の力ってすごいと思います。

ファンデーションの選び方

アロマメディカでは肌に負担をかけないファンデーションとしてグローミネラルズのリキッドファンデーションをお勧めしています。伸びやすく、カバー力に優れ、加齢に伴う乾燥肌にも潤いを与えて、粉浮きしません。日本独自色のナチュラル・ピュア、赤み肌の方に適するナチュラル・ライト、黄み肌の方に適するゴールデン・ライトの3色があります。耳の下からあごにかけてのフェイスラインにこの3色をつけ、指で軽く肌になじませ、お顔やお首との馴染みを確認しましょう。自然に、明るく、きれいに見える肌作りに欠かせない手順です。

人気の化粧下地フェイスプライマー

グローミネラルズの中で人気ナンバー1は化粧下地フェイスプライマーです。毛穴などの凹凸を瞬時にカバーし、つるんとなめらかな肌にします。少量を手に取って指で馴染ませていただくと、どのお客様もその力に納得されるようです。使用量目安はお顔全体で小豆1個分。リキッドファンデーション・ブラシを使って頂くと、指やスポンジよりも使用量が抑えられ、ムラにならず均一に肌に乗せることができます。ただし、こちらの下地シリコンが入っています。せっかく肌に負担をかけないミネラルファンデを使うのにその下にシリコン系下地を塗るのはちょっと…と思われる方には、下地としてトリロジーのSPF15バイタルモイスチャライジングクリームをお勧めしております。艶肌をとるか、肌に負担をかけないメイクをとるか、落としどころはTPOに併せて使い分ける、かな?

続きを読む

ファンデーションブラシの使い方

ファンデーション・ブラシの使い方は簡単です。ファンデーション適量を手の甲に乗せ、ブラシの片面につけたら甲の余った部分でブラシと馴染ませます。ファンデーションが毛先に薄く透き通るように馴染んだら、お顔の広い部分からささっと切るように塗ってみましょう。ムラや厚さの気になるところができてしまったらブラシのファンデがついていない面で伸ばしてください。額は中央から外側に向けて塗ります。くずれやすい小鼻の周りはブラシを縦に使うなどして丁寧に馴染ませましょう。目の周りも同じです。目じりを空いた手で押さえて塗るとよれにくく、目の周りの薄い皮膚を刺激しないで済みます。カバー力をしっかり出したい場合は2~3回重ね塗りをしてくださいね。

ファンデーション・ブラシで艶のある美女肌に

ファンデーションを指やスポンジで塗る人は多いと思いますが、それではムラや厚塗りになりがち。是非とも良いことづくめのファンデーション・ブラシに切り替えてください!繊細な毛先1本1本で肌に馴染ませていくため、薄く、フィット感の高い仕上りを実現。お肌に自然な艶が生まれます。ムラや厚塗りと格闘する時間がなくなり、時短メークには欠かせません。

続きを読む