施術前のお飲み物として自家製ハイビスカスティーをお出ししています

アロマメディカでは、今、施術前のお飲み物として自家製ハイビスカスティーをお出ししております。左の写真、どちらのハイビイスカスティーを飲みたいですか?左はアロマメディカ特製、右は信頼のおける業者から購入したハイビスカスティーです。茶葉の量は市販品の倍必要となりますが、色といい、味といい、香りといい、自家製は限りなくフレッシュ!飲み比べるとその差歴然です。本サービスは茶葉がなくなり次第終了します。トリートメントのご予約はお早めに~♪

自家製グリーンレモネード

アロマメディカでは施術後のお飲み物として、今の時季、自家製のグリーンレモネードをお出ししています(なくなり次第終了します)。レモンのビタミンCはシミ、そばかすなどのお肌のトラブルに有効です。クエン酸は疲労を回復します。黄色いレモンと比べて、ややビターな香りと味わいの大人向けレモネードをどうぞご賞味あれ。ご予約はこちらから。

パパイヤとミルクってなんでこんなに合うんだろう!?

パパイヤとミルクってなんでこんなに合うんだろう!?スムージーを作る時、ある程度水で薄めるのですが、パパイヤのスムージーには水よりもミルクが断然お勧めです。今日は、パパイヤ、アボカド、レモンのミルクスムージーにミントをのせて頂きました。結構どろっとするのでミルクだけでなく水も加え、飲みやすい固さに調節してくださいね♪生まれ変わったら絶対アボカド農家の子どもになろうと決めている私。アボカドは結構な確率でうちの冷蔵庫にあります。森のバター、食べる美容液との異名を持つアボカド。飲んで良し。食べて良し。アロマセラピーに使うマッサージ・オイルにもアボカド・オイルってあるんですよ。アボカドとミルクも合いますよね。

りんごとトマトの皮ごとスムージー

沖縄はそろそろ海にも入れそうな気候。スムージ生活に復帰です。今日はりんごとトマトを皮ごといれたレッド・スムージー。りんごの皮には三種類のポリフェノールが含まれています。赤い色素のアントシアニンは疲れ目や高血圧の改善に、主成分プロシアニジンは抗アレルギーや美白作用で、エピカテキンは抗酸化、免疫力強化で知られています。「皮ごと食べるのはワックスがかかっているから嫌」と思われた方、それは違います!りんごは熟すに従って天然のロウ物質が表皮に上がり果実を守ります。残留農薬も、国産のりんごであれば水洗いで大丈夫。さぁ、皮ごと食べて、お医者様を遠ざけちゃいましょう。

食物酵素を上手に摂ろう

酵素は体内に3000種類あると言われますが、これだけあってもそれぞれ一つの仕事しか出来ません。肉類などタンパク質を分解する酵素はパイナップルやパパイヤに多く、炭水化物に含まれるでんぷんを分解する酵素は、大根、キャベツ、山芋、バナナに豊富です。脂肪分解酵素は納豆や味噌、漬物といった発酵食品に多く含まれます。体を冷やすという理由から冬はお休みしているスムージー朝食は手軽に多くの酵素を摂取でき、かつ消化酵素の乱発を防止できるのでお勧めです。果物は酵素が詰まった皮ごとミキサーにかけると、細胞が壊され酵素の働きがより活発になります。写真は小松菜も入れたグリーンスムージー。腹八分目が大切。少量、良質な食生活を確立し、体が軽い感じをつかみましょう。