ホーリーバジル:比類なきもの

サロン移転予定地に植えたトゥルシー(英名ホーリーバジル、和名カミメボウキ)がこぼれ種で増えながら芳香を放っています。ヒンドゥー教では女神ラクシュミーの化身と考えられ、トゥルシー(=比類なきもの)という名前を与えられました。アーユルヴェーダでも非常に重要な薬用植物で、インドでは死神を寄せ付けない聖なる植物として家の庭に植えらるそうです。

青パパイヤの初収穫

サロン移転予定地に昨年植えたパパイヤがたわわに実をつけています。隣の畑の先輩から肥料不足だと言われたうちのパパイヤ。水も肥料も不足した荒地でよくぞここまで育ったものです。高くなりすぎないよう私の膝上で一度首を落としたのですが、この夏で一気に私の身長を越しました。間引きも兼ねて一つ収穫して食べてみると、野菜としての仕上がりは上々。この先フルーツとして食べられるよう、追肥してやらねば。初めての経験にワクワクします。

夜香木はイエライシャンではありません

夜香木(ナイトジャスミン)の剪定を行ったので、枝を持ち帰り、サロンに飾っています。夜になると沢山つけた小さな白い花が開き、甘い香りが漂います。夜来香(イエライシャン)と混同されることがありますが、イエライシャンはガガイモ科のつる性植物で、花は薄黄色。夜香木はナス科の樹木で、花は白です。はらった枝はもったいないので、挿し木に挑戦してみようと思います。

パパイヤの花が咲いた!実がついた!

サロン移転予定地に昨年植えたパパイヤ。小さかった苗も私の身長程に成長し、沢山の花をつけています。小さな実もできている!今年は初収穫できるのかも。パパイヤと言えばパパイン酵素。食物の消化、分解を促すパパイン酵素はダイエットや免疫力向上の強い味方です。ほとんどの食物酵素は熱に弱いのですが、青パパイヤに含まれる酵素は加熱しても酵素活性を失いません。

テイキン桜がお待ちしております

買い物に出かけたら、テイキン桜を選定している方が。17年選手だそうで、見事な大木に成長していました。はらった枝を頂いて、サロンに飾りました。中国の弦楽器「提琴」に葉の形が似ていることからこの名がついたそうですが、似ているとは言い難い…花は確かに桜に似ています。でも桜が属するバラ科ではなく、トウダイグサ科。今ならテイキン桜が皆様をお待ちしておりますよ~♪ご予約はこちらから。