皮膚の構造を理解して化粧品を選ぼう

皮膚表面はケラチノサイトという角状の細胞で構成され、この細胞の働きや成長の度合いによって、表皮は4つの部分に分けることが出来ます。最下部の基底層で作られたケラチノサイトは核を持った生きた細胞ですが、これが有棘細胞、顆粒細胞と次々と形を変えながら上層に押上げられ、約4週間で核を失い、死んだケラチノサイトとなって最上部の角質層となり、やがて垢やふけとなって剥がれ落ちます。髪の毛も外皮の付属器官で、同じく毛母基でケラチノサイトが生まれ、上層に押上げられるにつれ死んだケラチノサイトが融合して糸状になり、髪の毛を構成しています。死んだケラチノサイトの表面をシリコン・コーティングしたところで、肌や髪本来の輝きは戻りません。美容成分を届かせたいのは、その下の生きたケラチノサイトです。アロマメディカがノンシリコンのヘアケア基礎化粧品をお勧めする理由はそこにあります。