足のあおりが重要です

歩行は「着地→体重支持→蹴りだし→準備」という一連の動作です。この時、足底は「踵→小指球→拇指球」の順で接地しており、ねじれ運動が生じています。このねじれをあおりと呼びます。足底を意識しながら坂道をゆっくり登ってみてください。あおりを実感できると思います。歩行時、足のスムーズな着地と蹴りだしができるのは、瞬時にこのあおり運動が行われているからなのです。足底の筋膜や腱膜が固くなると足関節の可動域が小さくなります。高齢者の歩き方がぎこちなく不安定に映るのは、足関節の可動域縮小に伴うあおりの消失と小幅な歩行が原因の一つです。あおりを鍛える運動としては、足部を内と外に繰り返し傾ける動作が効果的です。座って行った方が体勢が安定して良いでしょう。椅子に座って足の甲を伸ばすよう足の指全体を床に押し付ける前脛骨筋のストレッチと併せて行って下さい。人は足から老いていきます。躓きを防止し、毎日元気に歩きましょう。