骨盤の左右高低差を緩和するための運動

座る時ついつい足を組んでしまうのは、骨盤の左右高低差を解消し、上体を安定させるためです。上に組む方の足の骨盤の下がりを解消するには癖の矯正とストレッチが有効でしょう。起立時休めの姿勢をとる時、上に組む方とは反対の足に重心を移して休んでいませんか?40代半ばも過ぎると左右のふくらはぎの太さに差が出てきます。上に組む方の足にも荷重をかけるようにしましょう。また、上に組む方の足を後ろにひき、反対の足の太ももに両手を重ね、お尻をしめながら、前方に骨盤を突き出してみましょう。この時上体が前傾しないように注意してください。上に組む方の足の腰長筋を伸ばすことで、骨盤の傾斜を改善させることができます。座る生活が長い人は、昨日お知らせしたピローも併用することをお勧めします。