首の後ろのガチガチを何とかしたい!

ある筋肉を動かした(収縮させた)時、それと反対の動きをする(伸展する)筋肉があります。例えば、肘関節で腕を曲げるべく上腕二頭筋(いわゆる力こぶとなる筋肉)を収縮させると、腕の後方にある上腕三頭筋は伸展します。スマホ首は首の前側にある胸鎖乳突筋が過度に収縮した状態ですが、これと拮抗して、伸展しきってガチガチなのが首の後ろ側にある頭板状筋(及び脊柱起立筋、後頭下筋、僧帽筋)群です。首こり、肩こり、背中のこりとして最も意識されやすい場所でしょう。後頭下筋群などは気持ちよいと感じる範囲で静止圧迫して頂けば良いのですが、首は狭い範囲に神経やリンパが通っているため、やり過ぎるとしびれや腫れを起こしやすい部位です。お勧めは顎ひきストレッチでしょうか。顎を後方にひいた上で頭の重みを両手で支えながら、伸びきった頭板状筋を収縮させて緊張を解きます。胸鎖乳突筋と頭板状筋を意識したストレッチでスマホ首脱却を目指そう!