ヘナとは?

ヘナ Lawsonia inermis  は砂漠のような乾燥地帯に生えるミソハギ科の高木で、その葉を粉末にしたものです。和名は指甲花またはツマクレナイノキ。沖縄でも栽培されています。インドのラジャスタン地方産が最高峰とされており、アーユルベーダの代表的な薬草として古くから使われてきました。収穫は秋。不純物(茎、花、根、砂など)を取り除いた後、乾燥させてパウダーにします。この乾燥の工程が重要だそうで、この時に雨が降ってしまうと葉が茶色に変色し、バクテリアなどが発生しやすくなります。厳しい品質チェックを経て製品化された Sim Sim のお手軽・簡単シムカラー、自信を持ってお勧めできる商品です。お求めはこちらまで。