腸は健康の源であると同時に病気の発生源ともなりえます

腸は食べ物を消化し、生きるために必要な栄養を吸収すると共に、体全体の免疫細胞の6割が存在する免疫システムの最前線です。私たちが摂った食べ物は腸内細菌の働きで分解され、体内で発酵あるいは腐敗を起こします。ヒトはチーズや納豆などの発酵食品を食べることは出来ますが、腐敗した食品を食べれば健康に支障をきたします。腸の働きが悪いと体内で腐敗が起き、有害な物質が腸壁を通じて体内を駆け巡り、病気を引き起します。腸は健康の源であると同時に病気の発生源ともなりえるのです。便秘や下痢を体質だから仕方がないと片付けていませんか?重い病気を招く前に、腸内細菌叢のバランスを整える努力を始めましょう。アロマメディカはアロマの力で皆様の健康を応援します。