子どもの腸内細菌叢のベースは母親の腸内細菌叢で決まります

健康の源ともいえる腸内細菌叢。指紋同様個人の識別が可能な位、人によって異なるそうです。その個性は乳児期にほぼ決まるというのですから親の責任は重大。無菌状態で生まれてくる赤ちゃんが最初に細菌感染するのは産道なので、生またばかりの赤ちゃんの腸内細菌叢は母親と酷似します。この時点では父親に似た子どもはほとんど存在しません。細菌感染というと悪いものをうつすような印象を与えますが、無菌状態のままでは免疫力もないということですから誤解のないように。出産を控えた女性はご自身の腸内環境を良好に保つことがお子さんへの最大のプレゼントになることを意識して下さいね。口腔内にも常在菌が存在します。食べ物の分け与えなどを通じて親から子へと感染するので、親子の腸内細菌叢はやはり似ていきます。