怖くない耳鳴りと怖い耳鳴りを区別しよう

音とは空気の振動、圧力が変わって起きる波のようなものです。耳トラブルの難しさは、振動を感じるシステムである耳に問題があるのか、振動を音として認知するシステムである脳に問題があるのか、判然としないところにあります。怖くない耳鳴りの代表は心臓の拍動や呼吸音、血流といったいわゆる生体音です。私たちは聞こえる音全てを聞いている訳ではなく、必要がないと判断した音は聞こえなかったことにして意識下におさめています。しかし、静かな所や、ストレスで神経過敏になっている時は、意識下におさめることができず、一度気になるとその音にフォーカスしてモニタリングすることから耳鳴りは生じます。怖くない耳鳴りはその仕組みを理解したり、他に注意を振り向けるだけで、再び意識下におさめることができるようになります。