真面目すぎる人に多い耳鳴り

耳鳴りを訴えるクライアントには真面目な方が多い印象を受けます。血管障害や脳腫瘍、うつなど、脳に何らかの問題があって起こる怖い耳鳴りではなく、生体音が耳から離れない状態ならば、耳鳴りが起こるメカニズムを理解するだけでも症状が緩らぐことがあります。耳鳴りがするのはどんな時で、しないのはどんな時かを書きだしてみてください。四六時中気になっていたはずの耳鳴りが、実は就寝前や就業前だけだったりしませんか?耳鳴りがするタイミングや環境、要因が分かれば対処のとりようもあります。耳鳴りが気のせいだと言っているのではありません。騒々しいパーティー会場でも雑音と人の声を聞き分けて会話できることをカクテルパーティー効果といいます。気になる音にフォーカスしてメリハリをつけて音を認識しやすくする力が耳鳴りを増幅している場合もあるのです。