七草粥

せり、なずな、ごきょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ春の七草(四辻善成『河海抄』)。1月7日に無病息災を祈って七草粥を食べる風習は江戸を中心としたものでしたが、今では沖縄のスーパーでも七草を見かけます。こどもには不評だけど、ハーバリストとしては作らないわけにはいかない…

鉄分を多く含むせりは造血作用、なずなは利尿、解熱作用、ごきょうは鎮咳、はこべらは健胃、整腸、乳汁分泌促進作用が期待できます。すずな(蕪)やすずしろ(大根)のジアスターゼは消化を促進します。正月疲れが出た胃腸に優しいおかゆにして頂きましょう。