肌の保湿メカニズムに適ったスキンケアをしよう

皮膚の水分量は、皮脂(2~3%)、天然保湿因子(17~18%)、細胞間脂質(80%)の3つによって保たれています。皮脂は天然の油膜。肌の表面を覆うことで水分の蒸発を防ぎます。洗顔後にみなさんがクリームや乳液を塗るのも同じ効果を狙っています。天然保湿因子は細胞が角化する過程でタンパク質から合成されます。アミノ酸、尿素、乳酸、塩基類等で構成されており、水分を吸着する性質を有しています。細胞間脂質は水を抱かえる親水基と脂質としての性質を持つ親油基から成っています。水分層と脂質層が規則正しく交互にサンドイッチ状の層を形成(いわゆるラメラ構造)し、お肌の保水力の基盤となるのです。このラメラ構造が崩れると、水分が抜けやすくなってしまいます。そこでオイル美容。塗布した脂質は角質層を通過し、顆粒層内で細胞間脂質の合成に組み込まれることが分かっています。

私はこの時期、一日一回、トリロジーのエブリシングバームとローズヒップオイルを1対1の割合で混ぜたものを顔に塗布し、気になる部分だけマッサージをするようにしています。