解熱作用のある精油

発熱はからだの抵抗反応ですから薬ですぐに下げるべきではありません。ただし、あまりに熱が高いと循環器に負担がかかり、体力を消耗するので、医師の指導の下、ご病人の様子を見ながらご家庭で判断してください。できるだけ穏やかで自然な方法で熱を下げるには、腋窩あるいは大腿部といった体表近くに太い血管がある部位を冷やすと効果的です。解熱作用のある精油を1滴たらした冷水で絞った布を額にのせるのも良いでしょう。解熱効果はさておき、ご病人は見守られているという安心感を感じるはずです。ベルガモット、ネロリ、ラベンダー、レモン、ペパーミント、ユーカリは解熱作用のある精油として知られています。