薬が胃を荒らす訳

風邪薬や解熱鎮痛薬を服用して胃の調子が悪くなってしまうことがあります。その理由は二つ考えられます。一つは食べられない状況で薬を服用すると、薬を食べ物と勘違いして胃酸が分泌され、それが胃粘膜を溶かすためです。今一つは薬の成分によるものです。非ステロイド系消炎鎮痛薬は痛みの元となる生理活性物質プロスタグランジンの生成を阻害することで効果を発揮します。しかし、このプロスタグランジンは胃粘膜の血流を促し、細胞を修復して、胃粘膜を胃酸から守る防御因子でもあるのです。口にしやすいものを少し食べてから薬を飲む、医師の指導の下、胃薬と併用するといった心がけが大切です。