食物繊維には水溶性と不溶性があります

糖質、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンの五大栄養素に続く、第6の栄養素とも呼ばれる食物繊維。この食物繊維には水溶性と不溶性の二種類があります。水溶性食物繊維は腸内のコレステロールを吸着して便と一緒に排出します。こんにゃくに含まれるグルコマンナン、海藻類のヌルヌル成分アルギン酸ナトリウム、豆のさやなどに含まれるガム質がその代表例です。一方、不溶性の食物繊維は腸内で水分を吸収して大きく膨らむので満腹感が得られやすく、腸内の蠕動運動を促し、便秘を解消します。さつまいもに含まれるセルロース、玄米に豊富なヘミセルロース、ごぼうに含まれるリグニンがその代表例となります。きんぴらごぼう、ひじきや切干大根の煮つけ、ほうれん草の白和えなど、伝統的な和食は食物繊維の宝庫。旅館の朝食みたいな食生活に憧れてしまう~♪