食物酵素とは?

食物酵素とは新鮮な生の野菜や果物、刺身、納豆や味噌などの発酵食品に多く含まれています。食物酵素自体は胃に入ると酸により働きを失い分解されてしまうので、体内に吸収されることはほぼありません。しかし食べる前の段階であらかじめ食物を消化吸収しやすい形に変えてくれるのですから消化酵素の節約につながり、代謝酵素に余裕が出来て、新陳代謝が活発になり、病気の予防や治癒がもたらされるのです。食物酵素を意識して摂る習慣が重要と言われるのはそのためです。