発酵食品を上手に摂りたい!

酵素が豊富に含まれるのは新鮮な野菜や果物ですが、もう一つ、うまく生活に取り入れていきたいのが発酵食品です。味噌、納豆、醤油、漬物等が思い浮かびますね。また、日本酒やワインも発酵によって出来ています。発酵とは、酵母や酵素、菌類の働きによって、食べ物の糖質、たんぱく質、でんぷん等が分解されることを指します。その過程で、食品に新たなうま味が加わりますし、栄養価や保存性も高まります。微生物の働きによってある程度消化された食品といえますから消化酵素の節約も可能です。また、乳酸菌をはじめとする微生物が腸内の腐敗物質の増殖を抑え、腸内環境を改善し、免疫力を高めます。「どれか一つさえ摂れば健康に良い」と言えないところが食養生の難しいところ。一つ一つの食べ物の働きに感謝しながら良質なものを多種少量摂るのが理想なんだけど、それが難しいんだな~。強靭な意思力を要します…