雛祭りのアロマ

もうすぐひな祭り。サロンではお雛様が皆様をお迎えしています。さて、雛人形といえば左近の桜、右近の橘。桜の香りについては桜まつりの時に書いたので、今日は橘についてお話ししましょう。橘は今の日本人にとっては馴染みの薄い柑橘となってしまいましたが、柑橘という漢字に橘が使われることからも想像されるように古代日本人にとって大切な香木でした。古事記、日本書紀には「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」という不老不死の霊薬として記載されています。ゆず、すだち、かぼす等日本を代表する柑橘類の中でも沖縄のシークヮーサーと橘だけが日本原産種であることが遺伝子分析によってわかっています。女の子のお祭りですから甘いブレンドも良いですが、和の柑橘精油の凛とした香りも雛祭りにはお似合いです。