子どものためのアロマセラピー:適用方法編

子どもの日をきっかけとして、子どものためのアロマセラピーについて考えてみました。今日は適用方法についてです。精油選択のところで「子どもは香りに対する経験や記憶が少ないため、様々な成分が混在した香りよりも、単純な香りを好む傾向にある」と書きました。精油をブレンドする際も、同じ理由からせいぜい2種類にとどめるべきだと思います。代謝が早く、好転反応が強く出ることもあり得ますから、十分な換気を行い、パーツケアを基本に、適用時間は短めにします。青あざを作りかねないフリクション(強擦)やプレッシング(指圧)、心身に過度な刺激を与えかねないパーカッション(叩打)などの手技は子ども向きではありません。優しいパパ・ママの手が一番。どんなに優れたセラピストでもパパやママの代わりはできませんから。