子どもためのアロマセラピー:実践編

子どもの日をきっかけに子どものためのアロマセラピーを考えてみました。うちの子の定番はオレンジ、ベンゾイン。心因性の腹痛やちょっとした不安にはこのブレンド・オイルでお腹を時計回りに擦ってあげましょう。花の香りがお好きであれば、ラベンダーでも代用できます。ラベンダーは緊張緩和作用のあるエステル含有率が高い精油。オレンジやラベンダーは睡眠障害にも使えますし、ベンゾインは乳児の夜泣きやおむつかぶれに有効です。いずれも咳やのどの痛みを鎮める力もあるので、就寝時、白色ワセリンにこれらの精油を混ぜたものを胸部に塗布すれば、睡眠時の呼吸が楽になり、しっかり眠れます。大抵の子どもの病気は、よく話を聞いてやり、ゆっくり休息すれば治ってしまうものです。