沖縄では山羊を食べます

沖縄で山羊は滋養のある食べ物として愛され、新築祝い、結婚祝いなどの祝いの席で食されてきました。刺身やヤギ汁にするのが一般的で、匂い消しとしてフーチバー(和名ニシヨモギ Artemisia indica Wild. var. orientalis)を添えて食べたりします。本部町では闘山羊(ピージーオーラサイ)も楽しめます。独特の香りが苦手という方は(株)もとぷらすさんの山羊を食べてみてください。在来やぎ(ザーネン種)の肉量、うまみやほのかな香りは残しつつ、食べやすいような品種へ改良が施されています。山羊肉は高たんぱく低コレステロール、鉄分が豊富な健康食材。沖縄ではピージャーグスイ(山羊薬)という言葉もある程です。ハーソー公園の田空食堂で食べられます。是非お試しあれ!