フランキンセンスからたどるキリストの生涯

ブッダ同様キリストの生涯も芳香植物に彩られたものでした。誕生の時、東方から来た三人の博士が捧げたのが、フランキンセンス(乳香)、ミルラ(没薬)、黄金です。フランキンセンスは私もよく使いますが、こちらも嫌いという方の少ない香りです。落ち着いた華やぎが感じられ、作用は白檀によく似ています。私は気力体力が落ちている方に白檀、回復途上にある方にフランキンセンスと使い分けています。二つをブレンドすることも多いです。また、キリストの生涯に深く関わっているのがナルドの香油です。オミナエシ科スパイクナルドの根から抽出した香りで、オリーブオイルに希釈して、ベタニアのマリアが処刑間際のイエスの足を清めたことが聖書に記されています。私は嗅いだことがないのですが、温かな土の香りのするウッディー系ベースノートだそうです。