ヘリクリサムは沢山の名前を持っています

我が家にイモーテル(Helichrysum angustifolium)がやってきました。エバーラスティング、カレープラントとも呼ばれるキク科の多年草で、花のついた先端部を水蒸気蒸留して抽出される精油はヘリクリサムとして知られています。古代ギリシャ語で太陽を意味するheliosと黄金を意味するchrysosが合わさった名ですから、この精油の機能性の高さがうかがいしれます。傷といえばヘリクリサム。セスキテルペン・ケトンのイタリジオンが血腫を溶解させ、リンパ流を促進。組織が収縮し回復が早まります。私も大好きな精油ですが、収率が低く、お値段が高いのでなかなか手が出せない。葉からはちゃんとヘリクリサムの香りがします。しっかり根付いてくれよ~♪増えると良いな、ヘリクリサム♡