セラピストの洗濯用洗剤の選び方

みなさん、洗濯用洗剤ってどう選んでいますか?洗浄力?香り?環境に優しい?人それぞれかと思います。これに「皮膚に優しい」も加えてみませんか?肌荒れはアレルギーと同じで刺激物との接触を避けることが治療の第一歩。洗濯用洗剤に含まれる界面活性剤は洗浄力のために欠かせない成分ですが、皮脂汚れを溶かす物質は当然肌に触れたら刺激、炎症をもたらします。そこで洗濯用洗剤は界面活性剤の含有量ではなく、すすいだ後に生地にどれだけ残らないかで選ぶことにしました。非接触皮膚科学の提唱者牛田氏は各社の界面活性剤の残留量を独自に調べた結果、ライオンのトップクリアリキッドを勧めています。洗剤も日進月歩ですからすすぎ残しのない製品が次々開発されていると思いますが、消費者に分かりやすい形で表示してくれるよう望みます!