ムクミ、静脈瘤を予防するアキレス腱の伸ばし方

アキレス腱とくるぶしの間には後脛骨リンパ節があります。ここを刺激してムクミや静脈瘤を予防しましょう。アキレス腱伸ばしというと、片足を大きく引いてラジオ体操のように反動をつけて伸ばす運動をイメージしがちです。私がお勧めしたいのは30秒を目安にじっくり伸ばす方法です。壁を押すイメージでしょうか。引いた足のかかとが浮かないように注意してください。引いた足のつま先が外を向いてしまう方がいますが、外向きも内向きもダメです。前に向けてください。上体をしっかり立てて、おへそを前に突き出す感じで前足にゆっくりと体重を移動しましょう。実際に壁の前に立って壁を押しながら伸ばすのも良いですね。