ハイビスカスとローゼルの違い

沖縄で良く見るアカバナー(ハイビスカス)の花がハイビスカスティーの原料だと誤解している方は多いと思います。いわゆるアカバナーは園芸用の hibiscus rosa sinensis。クエン酸たっぷりで疲労回復、抗酸化機能で知られるハイビスカスティーの原料は同じフヨウ(ハイビスカス)族でも hibiscus sabdariffa 種、和名ローゼルの花や咢(がく)です。ハイビスカスが低木であるのに対し、ローゼルは一年草。9月を過ぎると蕾が膨らみ、深紅の中心部を持つ薄いピンクがかった花を咲かせます。商品パッケージにアカバナーのイラストを入れるのはなんで誤表示にならないのか本当に不思議です。