お香の歴史(飛鳥~平安)

日本人と香りの付き合いをまとめてみました。日本でお香が用いられるようになったのは仏教が伝来した飛鳥時代と言われています。当時は仏前を清め、邪気を払う宗教的な意味合いが強いものでした。奈良時代に唐から来日した鑑真和上は沢山の香薬と共に、香を配合する技術も日本にもたらしました。唐の教養としてそれらを学んだ貴族たちは日常生活でも香りを楽しむようになりました。『枕草紙』や『源氏物語』といった平安文学にも香りの記述が多く見られますよね。