お香の歴史(鎌倉~現代)

日本人と香りの付き合いをまとめてみました。鎌倉・室町時代になると、香りを聞き分ける(嗅ぎ分けるとは言いません)「聞香(もんこう)」の方法が確立されました。江戸時代では、貴族、武士の他に経済力を持った町人にも香文化が広がります。和歌や物語の世界を主題として香木をたき、競技形式で香りを鑑賞する「組香」が生まれ、香は「道」として確立されます。薬、あるいは宗教用具として入ってきた香りを文学性、精神性の高い芸道にまで極めてしまうところは、さすが感性が鋭く、凝り性な日本人だなぁ!!