五臓相生相克論

これまで人間の一生に五臓を当てはめて説明してきましたが、五臓は単独で機能するのではなく、相互に関わり合って私たちの心とからだを形成しています。例えば肝は血を作ることで心を助けます。心は陽気(火)を出すことで脾を温めます。これを相生関係と呼びます。また、心の陽気は腎の水に制約を受けますし、心が強すぎると脈に乱れが生じます。これを相克関係と呼びます。このように五臓はお互いに助けあい、けん制しあって、バランスをとっているのです。