五臓をアロマセラピーに応用しています

施術をしていると五臓相生相克論にぴったりと当てはまる方にお会いすることがあります。例えば、肺のバランスを崩している方は呼吸器や皮膚に症状が出るので分かりやすいです。肺は腎の母、脾の子、肝の見張り役。肺そのものにアプローチすることは勿論のこと、脾を養うような精油をブレンドに加えたご提案をさせて頂いております。また、肺の乱れが腎や肝の働きに影響を与える場合(月経不順やイライラ)もあります。アロマメディカでは五臓相生相克論をアロマテラピーに応用しています。ご予約はこちらまで。