よく噛むと満腹感が強くなる仕組み

よく噛むと満腹感が強くなると言われますが、その仕組みをご存じですか?私たちの咀嚼をコントロールしているのは中脳の咀嚼中枢。一方、満腹感は視床下部の満腹中枢が関与しています。この二つを連携させているのが脳内ヒスタミン神経系です。ヒスタミン神経核は視床下部を起点とし、シナプス形成(神経と神経の連結)は稀なのですが、中脳にある咀嚼中枢には例外的に大きなシナプス形成が見られます。このため咀嚼中枢の興奮は視床下部に伝搬され、神経ヒスタミンの産生を促します。ヒスタミンの受容体は満腹中枢がある視床下部腹内側野に特に集まっています。このためよく噛むと満腹感を強く感じるようになるのです。ダイエットを目指すあなたはこの仕組みを利用しない手はない!