菌活で大豆イソフラボンからエクオールが作れるからだに

大豆イソフラボンを意識した食生活を送っている時点ですでに腸内環境改善の第一歩を踏み出しているように思いますが、肉ばかり食べて野菜や果物を摂れていない、ヨーグルトや味噌などの発酵食品を食べる習慣がないという方は、食生活の改善に取り組みましょう。エクオールを作るのに有効な菌として、①乳酸菌ラクトコッカス20-92株、②ビフィズス菌BB536株、③ビフィズス菌ブレーベ15700株が知られています。それぞれヨーグルトや乳酸飲料、サプリメントとして商品化されているので、親しみやすいかと思います。毎日(摂っても摂っても排泄されてしまうので)の大豆、発酵食品の摂取で閉経後の女性ホルモンの減少とそれに起因する不調を乗り切ってゆきたいものです。