クーガ芋の食べ方

アンチエイジング、アルツハイマー型認知症予防から注目されるクーガ芋。和名「ハリイモ」「トゲドコロ」が示すように細かい根がびっしり生えたグロテスクな風貌です。生のクーガ芋をおろしてみると、山芋以上にムッチリとした質感。このムッチリ成分ムチンは粘膜を潤し強化します。そのため消化管では胃潰瘍や胃炎を修復し、呼吸器官では鼻や喉の粘膜を整え、風邪やインフルエンザ等の感染症を予防します。また、ムチンは血糖値の急激な上昇も抑えます。漢方では山芋を乾燥させて作る生薬「山薬(さんやく)」を古くから用いてきました。慣れなのかも知れませんが、味だけで言ったら山芋の方が甘味があるかなぁ。マグロの山かけにしたら、山芋と区別はつきませんでした。とろろ、いそべ揚げにトライしたので、次はおつゆ、炒め物、ポタージュやクリームコロッケにして食べてみよう♪