ノルディックウォーキングの効用

本部町のカルスト山ゆり祭りでノルディックウォーキングに参加してきました。ノルディックウォーキングはフィンランドのクロスカントリースキーチームが夏場のトレーニングに始めたものだそう。ポールを使うことで全身の筋肉が効率的に使え、歩行姿勢が改善。歩幅が大きくなり歩行速度もUPします。このため、通常の歩行よりも消費エネルギー量が20%増加。上半身をしっかり使うため、肩や首のこりが解消、肩甲骨の可動域も広がります。ゆりはところどころ開花しており、来週末辺りが見頃となりそうでした。満開の時は本当に見事ですよ~♪ゆりのお花見の後はアロマでほっこり。ご予約はこちらから。