植物の持つ強さ

暑すぎて生きづらい夏が終わる10月に、沖縄の植物は動き出します。7月に挿芽したテイキン桜がもう花をつけました。9月に植えたフクギも芽を出しています。からだの一部分を切り取られたらそこから復活する、人間では考えられないことです。そもそも水と光と酸素から自分の体内でエネルギーを作りだしてしまう(光合成って奴です)、これも人間では考えられません。植物は動けないので、動物に食べられてもなすがままなのに、これまで絶えたことがありません。強い者が生き残るのではなく、生き残った者が強いのだとすれば、間違いなく植物は強者なのです。アロマセラピーはそうした植物の強さを取入れ、健康維持を目指します。ご予約はこちらから。