からだが焦げる仕組みは二通り

終末糖化産物AGE堆積の仕組みは二通りあります。一つ目は、血中の過剰な糖が体内のタンパク質と結びつき体温で熱せられたもの。血糖値が下がれば元のタンパク質に戻れますが、高血糖の状態が長く続くと強い毒性を発揮するようになります。今一つはタンパク質と糖が加熱された食品を摂取することです。表面を香ばしく焼き上げた菓子類、肉や魚のフライ、焼いた時につく焦げがその代表例です。どれも美味しそうやないかー!かなしいなぁ。