正しい洋式便座の座り方

立った状態で多少お腹に力が入っても便が出てしまわないのは、お尻の出口の直腸と肛門の角度(肛門直腸角)が「く」の字のように鋭角に折れ曲がっていてお尻にロックがかかっている状態だからです。和式便座で用を足す場合は上半身が自ずから前傾するので、「く」の字が開き、スムーズな排便ができました。洋式便座では上半身が立った状態と変わらないため、このお尻のロックがかかったままになり、排便が難しい方もおられます。そんな方はお風呂用のいす等の台をトイレに持ち込み、様式便座に座ったらその台に足を置くと良いそうです。手術後腹圧がかけられない時等にも使える技ですね。